プロバンサインはどんなお薬?

プロバンサインはどんなお薬?

プロバンサインとは多汗症の治療薬として認可されている内服薬で、
抗コリン作用により消化管の収縮運動を抑え、自律神経節遮断作用を緩め症状を改善します。

 

その他、通常治療に用いられるのは、
胃・十二指腸潰瘍、胃酸過多症、幽門痙攣、胃炎、腸炎、過敏大腸症(イリタブルコロン)、膵炎、胆道ジスキネジー、夜尿症、または遺尿症などです。

 

プロバンサインの使い方は、15mgを1日3〜4回の使用が基本です。
個人差はありますが、約1時間〜1時間30分ほどで効果を実感出来ます。

 

汗を抑えたい場面の1時間〜1時間半前に服用すると良いでしょう。
薬の持続時間は4〜5時間程度です。もちろん個人差はありますが、その間は全身の汗が止まります。

 

副作用は少ない方のお薬ですが、症状としては口の渇き、目の乾き、頭痛、排尿阻害があります。
全身に作用するため、汗を止めるだけでなく唾液の分泌も抑制してしまいます。
そのため、特に口の渇きを感じやすいため、こまめに水分補給をしましょう。

 

また、目の調節障害(まぶしい、見えにくい)や
眠気を起こすことがあるため、車の運転などは避けてください。

 

手術することができない全身多汗症や
頭や顔、手、足に大量に汗をかく人にとって有効なお薬です。