多汗症に効くツボとは

多汗症に効くツボとは

押してすぐに汗が止まる、というような劇的に効くツボは残念ながらありません。

 

でも、ツボは体内の循環器系に影響を持つスポットであることは確かですから、
刺激しているうちに改善する可能性もありますよね。

 

自分一人で簡単に押せるツボもありますので、ピックアップしてみましょう。

 

合谷(ごうこく)

有名なツボですが、手の甲側で、親指の骨と人差し指の骨の交差する部分の手前の窪みにあります。
万能のツボで、目にも効くと言われていますね。興味深いのは、多汗症のみならず、
汗をかけない障害のほうにも効き目があると言われていることです。

 

バランスを整えてくれるツボだということですね。

 

労宮(ろうきゅう)

両手のひらの真ん中にあるツボです。自分で手を握った時に、中指が当たる場所だと言われています。
リラックス効果もあるツボなので、ゆっくり深呼吸しながら反対側の指で押し揉んでみましょう。
親指で押し込んでみると、深く痛気持ちいい場所です。

 

 

ツボではありませんが、脇の下から胸を通るラインを締めると顔や手に汗をかかなくなると言われています。
着物をしっかり着付けると、顔が化粧崩れしないと言いますね。

 

反対側の手で脇の下をグッと押さえてみると、汗が止められると言います。
ただ、肺や心臓を圧迫しないように、あまり強く締めすぎないようにしてくださいね。

 

脳へ回る血液を冷やすことで、脳に発汗を抑制させるという方法もあります。
脇の下を冷やすと脳を冷静にすることが出来ますので、覚えておくと良いでしょう。