プロバンサインとは?

プロバンサインとは?

プロバンサインは抗コリン剤という種類の薬で、
通常は腹痛などの痛み止めに使用されます。

 

なぜ多汗症にこの薬が効果的なのかというと、
本来発汗刺激を行う交感神経の末端からはアドレナリンという神伝達物質が分泌されますが、
汗腺だけは例外的にアセチルコリンという物質が分泌されます。

 

そのために、このアセチルコリンの分泌を抑制する抗コリン剤を
服用することによって発汗を抑えることができるのです。

 

しかし、ここで注意することは抗コリン剤は汗腺のアセチルコリンのみならず、
全身なアセチルコリンを抑制することです。

 

またプロバンサインを使用する上での副作用で、比較的に多いのは
口の渇き・頭痛・便秘・動悸・尿が出にくい・かすみ目などです。

 

重症化することはほとんどありませんが、症状が強い時には早めに受診する必要があります。
特に高齢の男性は排尿障害に注意が必要です。

 

また多汗症の対策としていくつかあります。
まずは精神面(ストレス・不安・緊張)の問題が大きな原因だと考えられていますので、
ストレスを溜めないことや、発散したりリラックスを心がけることが大切です。

 

それに、食事をしたときに過剰に発汗することもありますので、
食生活の改善である程度の予防をすることができることあります。

 

他にも制汗剤を利用したり、肌を清潔に保つことなども対策として有効だと考えられます。
これらのことを考慮しつつ、じっくり検討し、自分に適した治療法を選択することが、
治すための第一歩目の課題となるでしょう。