リラックスすると多汗症が軽減する?

リラックスすると多汗症が軽減する?

多汗症は、精神的に緊張したり不安を感じたりすることで発汗する精神性発汗が原因となっているケースが少なくありません。

 

もともと多汗症気味で、汗をかきやすいことを自分で気にしすぎることで、
余計に緊張して発汗が多くなってしまうという悪循環に陥っている人もたくさんいます。

 

多汗症を克服するには、まず気持ち的にリラックスするのをマスターすること、
きちんと対策して、自分でも大丈夫だと安心することが大事と言えるでしょう。

 

精神性発汗は、自律神経のバランスが崩れた時に起こります。
通常、交感神経がそこまで興奮しなくても良いような場面で焦ってしまい、余計な発汗を生んでいるケースが非常に多いです。

 

例えば、お店でお金を払ってお釣りをもらうというなんということもない場面で、
何故か緊張してしまって手から大量に汗が出たり、

 

電車に乗っていてつり革を掴もうかと思った瞬間に急に手汗が大量に出て来たり、
ほんのささいな情報に過剰に反応してしまうことで、交感神経が働き過ぎてしまうことが発汗の原因になっていることがあります。

 

精神的に余裕があれば、そこで大丈夫だと踏みとどまることも出来るようになりますので、
まずは日常からリラックス出来るよう努めてみましょう。

 

我慢我慢の連続ではなく、たまにはカラオケで大声を出すのも良いでしょうし、
スポーツ観戦して観客席で大騒ぎするのも良いでしょう。

 

どこかで思い切り発散しておくことも、普段のリラックスを呼ぶ良い方法です。
ONとOFFとを意識して切り替えてみるのは、自律神経のコントロールにも役立ちますよ。