多汗症の対策

多汗症の対策

多汗症の治療は行うとしても、何か自分でも生活の中で出来る対策があると良いですね。

 

中でも有効なのは適度な運動だと言われていますので、
健康のためにもなる運動を採り入れてみるのは良いことかもしれません。

 

多汗症そのものに対する効果もありますが、多汗症の人が気にする汗の臭いに関して、運動が効果を発揮します。
いやな臭いの原因となる乳酸を体内に溜め込まないことで、
汗をかいてもあまり強い体臭を発しないように体質改善することが出来ます。

 

適しているのは有酸素運動ですので、ウォーキングやジョギング、水泳などを適度に行うのが良いでしょう。
筋肉を傷めつけてしまうと、かえって乳酸が溜まってしまいますので、疲れない程度にするのがポイントです。

 

また、食事の内容で対策する場合は、あまり辛いものなど
香辛料の効いた刺激物は摂らないこと、肉など動物性脂肪分を取り過ぎないことなどが挙げられます。

 

香辛料は味覚性発汗を誘発しますので、自分からわざわざ汗をかくのはいけませんね。
また、動物性油脂は体温を上げると同時に皮脂の分泌を多くしますので、あまり摂り過ぎは良くありません。

 

多汗症の人は、他の人に不快感を与えることをとても気にしますので、
デオドラント製品を使うことで精神的にも安心すると良いでしょう。

 

インターネット通販でもドラッグストアでも、制汗剤のとても有効なアイテムが
たくさん発売されていますので、自分で納得のいくものを使えば、余計な心配をする必要もありません。