プロバンサインの効果的な使い方

プロバンサインの効果的な使い方

プロバンサインは、多汗症に効果的として広く知られている薬です。
しかし、もともとは胃腸疾患の治療薬として使われていたのですが、
多汗症に効くとして一般に使われるようになりました。

 

ここでは、プロバンサインの効果的な用い方についてお知らせしたいと思います。

 

基本として、成人ならプロバンサイン15mg錠を
1回1錠、1日に3〜4回服用するのが適量です。

 

もちろん、症状の表われ方やその人の体質によって適量は変わってきますが、
まずは1回1錠を服用するのがいいでしょう。

 

プロバンサインを服用してから、だいたい1時間から1時間半くらいで効果が実感できます。
それで、この時間には汗をかきたくないというはっきりとした時間があれば、
その1時間半くらい前にプロバンサインを服用しておくといいと思います。

 

もし、1時間半以上経っても効果が実感できないという人は、
錠数を2錠に増やしてみてください。

 

それでも、効かないという場合は自己判断で錠数をさらに増やすということはせずに、
医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしましょう。

 

プロバンサインの効果は4時間から5時間くらい持続します。
それで、効果を持続させたいという人は効果が表われ始めてから
3時間後くらいに次の1錠を呑むようにするといいと思います。

 

胃に負担をかけない薬ですので、食後に服用しないといけないということはありません。
むしろ、プロバンサインの効果を十分に発揮するには
空腹時の方が望ましいので空腹時に呑むようにするのも1つの方法です。